Bluepostech

プログラムとかはこっち

cygwinでpython・pip・numpy・matplotlib

cygwinwindowsでプログラム環境を作るのには強いツールと言える。apt-cyg install gccとかでコンパイラが入るので、windowネイティブのバイナリをいちいちダウンロードして実行するより楽だ。

しかし、pythonとは非常に相性が悪いらしい。pythonを入れるだけならそうではないが、描画ライブラリなどを入れるのには「too painful」らしい。

ご多分にもれず自分も非常に苦労したので、まずこうすればうまくいくという方法を書いてから、そこにいたるまでの顛末を書いておこうと思う。

1.うまくいく方法:setup.exeからインストールする

この記事にたどり着くまでに散々見てきたことかもしれないが、「CUI上でのインストールは諦めるところからはじめろ」という記事や「CUIからインストールしようとしたが結局うまくいかない」といった記事など、CUIのみで最後までうまくいったものは僕は見つけられなかった。

中には「MinGWを使え」とか「winのバイナリでインストールしろ」といった意見もあるくらいだった。しかしそれではこだわり信念に反するので、なんとかcygwin内で完結する方法でインストールしたかった。

まずはsetup.exeからpythonのパッケージを全部インストールした。「python」カテゴリをDefaultからInstallにすればよい。

次に、cygwinを管理者権限で立ち上げ、

pip install numpy matplotlib scipy

でインストールしたところ、なんとかできたようだった。最初普通に立ち上げてmatplotlibをインストールしたところ権限の問題でひっかかったようだが、なぜか問題なく使うことができた。

インストールできたかチェックするには、pythonを立ち上げ

import numpy
import scipy
import matplotlib

などとすればよい。

------------------------------------------------------------------------------------------------

2.うまくいかなかった方法

(1)pythonのインストール

これは単純に

apt-cyg install python

(2)easy_install pipのインストール

easy_installとは、python環境を整えるためのツールである。割と最近名前が変わったらしい。

apt-cyg install python-setuputils

コマンドの名前は「easy_install-2.7」とちょっと長いのでエイリアスを刺しておく。たしかこれでpipも入る。

alias easy_install="easy_install-2.7"

(3)numpyのインストール

apt-cyg install python-numpy

(4)pipのインストール

pipというのは、pythonのライブラリを管理するツールだ。

pip install matplotlib

うまくいかなかったらcmdでashから/bin/rebaseallを実行する必要があるらしい。これはcygwinのバグとのことだが、どうやってもpip installがうまくいかず、ここまでのやり方ではうまくインストールして使うまでにこぎつけることができなかった。